藍色でいたい

安田くんと岸くん

物申す

気づいたこと。一種の自己分析のようなもの。

私は2001年生まれで今年20歳になる、所謂Z世代のジャニヲタです。この世代の私たちは、少し上の年代の人たちからよく「若者の○○離れ」「最近の若者は○○しない」といったことを言われることもまあ何かと多いかと思う。デジタルネイティブが故にテレビや本、ラジオ、雑誌(=メディア)離れが進んでいるなど。いや、

別に大層なことを言いたいわけじゃないけれど、ジャニヲタをしている私と世間一般の思う「最近の若者像」は少しズレてるんじゃないか?と感じたのでそれを書いてみることにする。

 

と言っても私は若者なので上の世代から見た最近の若者像が合っているかどうかの自信はないのだが、スマホでなんでも完結できる、インスタ映えTikTokYouTubeずっと見てる、テレビは見ない、とにかくずっとスマホ触ってる、なんか韓国のかわいいのが好き というところだろうか……………?(偏見すぎてごめんなさい、本当は上の世代の人たちだって人それぞれ違う意見をお持ちなのは理解しているがパブリックイメージとして 上の世代はこう捉えている という前提の元でブログを書いていきます。あまりにも現実と乖離していたら教えてください)

 

まあ、このイメージに当てはまるひとも多分いるんだけど(というか大学には多数いる)、あんまり私は当てはまらないなとずっと思っていて。もしかして私がジャニヲタだから当てはまらないのかな?と手元にある買ったばかりの雑誌を見てふと思ったんですよね。

自担が出てるからテレビを見るし、自担がいるから雑誌を買う、ラジオを聴く。なんならメールも葉書も手紙も書く。割と高いお金を払って生のライブ、舞台を観劇しに行く。

最近はジュニアにも応援してる子がいるのでYouTubeも見てるしTVer等の配信系は便利でよく使うけど、メディア離れしてないどころかメディアで溢れかえってるわ…!!

どこがテレビ離れだこちとら毎週木曜はバイトのシフト希望にバツをつけておくくらいVS魂を楽しみに生きているというのに!!!

私にとってみればテレビのない家なんて信じられないしBlu-rayレコーダーもセットじゃないと生きていけない、雑誌がもし電子書籍のみの発売になったらガチ病みする(雑誌は断然紙派人間)……でもそういうのってヲタクだけなんだ(あたりまえ体操?)と、若者の○○離れ系を目にしたとき思っている。

 

が、よくよく考えたら自担が出てないテレビは基本的に見ない。でもそれはTVショーというエンターテインメントの一部の番組の価値観がいつまでも差別と偏見に満ちているからでは?離れる若者がいるのも当たり前では?としか言いようがない。

 

良いものは残ると思う。テレビをこれからも良いものにしていくのは今応援してる自担たちかもしれないし私と同い年のどこかの芸人さんの卵かもしれない。がんばろう私と私の世代の人間たち。

 

 

てか若者の○○離れシリーズって好きじゃないな。その言葉そのものになんだか馬鹿にされているように感じてしまう。そもそもなんだよ若者の○○離れって……? 時代は移り変わるものに決まってるだろ胡座かいてんのか(いつも自担をキャスティングしてくださるお偉いさんのことはマジで愛してるありがとうございます)

Freak outの良さと自担のおかげで世界が広がった話

こんにちは、前回のブログ後編をいつまでも公開しない遅筆ことクロマメです。

 

すっかり岸担になり安田担と岸担をかけ持つことになりました。当たり前のようにアルバム3形態買った自分にびっくりしました。&LOVEのMV解禁されてからより楽しみにしてたので早速フラゲ日に聴いたら「Freak out」がすごく好きだったのと、この曲のリズムに聴き覚えがあるなということで「Freak out」をなぜ私がいいと思うのか理由を考えてみました。

そしたら、これもしかして自担の安田くんのおかげなんじゃない?と思って。自担に影響受けてどうこうなったとか今まで無かったから記しておこうと思います!

 

Freak outの良さと自担のおかげで広がった話です。

 

尚、ここで音楽ジャンルの話もしていますがジャンル分けの基準は個人により偏りがあるかと思いますのであくまで私はこういう解釈です、というだけで断定するわけではありません。もしかしたらこうなのかも?程度の緩いものですが無知が故に致命的な間違いがあった場合はそっと教えていただけると嬉しいです。また、King & Princeの「Freak out」の話が出てきます。ネタバレ踏みたくない方はお気をつけください〜!

 

まずは「Freak out」について

L&はほんとに全曲良くて、King & Princeのかわいいとこもかっこいいとこもキラキラしてるとこも全部味わえるめちゃくちゃ良いアルバムだなと思いました。メンバーのプロデュース曲もそれぞれ個性があって好きですし、Freak out以外となるとナミウテココロと泡の影、Focusがいいなぁと思っています。

今回語る「Freak out」は出だしの海人くんがかっこいいし英語の発音が綺麗だし岸くんの低音ラップと高音裏声のギャップが一度に味わえるし、私が好きな音楽ジャンルという最強の曲です。サビの「ドンッタドッタ」というリズムがレゲトンと呼ばれるものだと思われます。

レゲトンプエルトリコスペイン語でのラップが若者たちの間で流行し、それが他のスペイン語圏にも広まっていったものです。特徴と言えばスペイン語のラップ、独特のリズム等ですかね。レゲトンで有名なアーティストはダディ・ヤンキーで、彼のYouTubeにも動画があがっているのでレゲトンの雰囲気を感じたりFreak outと比較してみてはいかがでしょうか?

https://youtu.be/CCF1_jI8Prk

 

私も詳しいわけじゃないので本意気で捉えすぎないでくださいね.....ただ、最初に聴いた印象がダディ・ヤンキーのリズムと似てるかも!って感じだったのでやはりレゲトンかな、と。ずっとそのリズムではなくて主にサビで使われているのが効果的でめちゃくちゃ好きです。Freak outやっぱり良い曲ですね。

それに、Freak outの歌詞は君に触れたいとか夜明けまで愛したいとか(要約ですが)結構攻めた歌詞なのもレゲトンっぽさが出てますね。

 

ちなみに、誰かFreak outレゲトンだって言ってる人はいないかTwitterで検索しましたが私のツイートしかなかったです...やはり私が素っ頓狂なことを言っているのかもしれません。

一方でK‐popっぽい、みたいな意見は見られました。私はこんなにいろいろ言っておきながらK‐popのことは全く存じ上げていませんので、そっちの方はこれから勉強します笑

作曲された方が韓国のアーティストにも作曲しているということもK‐popらしいかっこよさに繋がってるのかな?

 

じゃあなんで私がレゲトンを知って好きになったかと言うと安田くんが関係してくるんです。

安田くんはたまに雑誌やジャニウェブで好きな曲、聴いてる曲、おすすめの曲を教えてくれることがあります。安田くんの聴いてる音楽をシェアしてくれることってすごいコミュニケーションだなと思っていて、私は教えてもらった曲をできるだけ聴いてみるんですね。

なんだか音楽ってその人の好みがめちゃくちゃ反映されるし直接お話することはできなくても同じ音を通して伝わる、というか、感じ取れるものがある気がします。安田くんが教えてくれる曲はなんでそれを知ったの??どこで?というくらいマイナーなものもあってジャンルも様々で如何に彼が柔軟なのか思い知らされます。そのおかげでおすすめ曲を聴いていく中でそのアーティストごと好きになったりすることもあります。

 

安田くんのおかげでいろんな音楽を聴くようになりました。HIPHOPを初めてちゃんと聴いたのが安田くんのおすすめの中の1曲でしたから、アニソンと関ジャニ∞の曲しかなかった私からすると安田くんがすごいひっかかりになってくれたという感じです。

 

いつか忘れちゃったけど、教えてくれた中にレゲエの曲が2曲くらいあって、安田くんってレゲエ好きなのかなあと思ったので、教えてくれた曲以外でもサブスクでレゲエとされるジャンルを聴きました。回し者じゃないですけどSpotifyには音楽ジャンルからプレイリストを選べるのが便利で、レゲエを選んで再生回数が多そうなのを聴いていったら結構好きな感じだったんですよね。それから派生してラテンプレイリストも色々と聴いてました。スペイン語HIPHOPとかラテンな感じとかがもはや自担関係なく好きになってました。

スペイン語のかっこよさを知って、もっとスペイン語の曲が聴きたいと思ったらSpotifyのプレイリスト「スペイン TOP50」を選んで聴いていくんです。そしたらやけに同じようなリズムが多いことに気づいて、それがレゲトンでした。音楽からスペイン語に興味を持って大学では第二外国語スペイン語を履修してるし、ちゃんと話せるようになりたいから授業だけでなく個人的に勉強も始めました。

 

安田くんのおかげで興味の幅が広がっていったなあと本当に思います。ちゃんみなCreepy Nutsも安田くんが教えてくれなきゃ自分からは聴かなかった音楽かもしれない。もしかしたら、安田くんが教えてくれなくたって他の誰かに教えてもらっても最終的にはこうなっていたかも知れませんが、直接お話することなんてないアイドルとファンの関係性でここまで影響を与えた安田くん、離れてても気持ちや好みがダイレクトに伝わる音楽があることが私はどうしようもなく嬉しかった。ただそれだけなんですが、そんなのも良いなて感じです。ちなみにスペイン語HIPHOPだけでなく日本のHIPHOPも好きです。おすすめは(レゲトン関係ないですが)Cook Good。

https://youtu.be/sZUhujqwaDY

 

これを機にレゲトンを知ってくれる人が増えたら嬉しいです。

担降りならぬ担増しブログ・前編

こんにちは。くろまめです。

このブログにアクセスしてくれてありがとうございます。

 

今回はタイトルの通り、担増しブログです!!!

 

私は、安田章大さんのファンを名乗っています。

担降りは現段階では全く考えていません。こんなに魅力的なひとから降りることなんてたぶん出来ない、のに、まさかの担当が増えたということで記念にブログ書いてみます。

とはいえ、そういえば私はどうして関ジャニ∞を、安田章大さんを好きになったのかを言葉にして残していなかったので、まずは第一弾。なぜ関ジャニ∞に沼落ちしたのか?というお話をしたいと思います。

 

 

関ジャニ∞の存知1

 私が沼落ち以前に関ジャニ∞を最初にちゃんと見たのは、2010~2012年に放送された冒険JAPAN!関ジャニ∞MAPから。当時小学生で、日曜日はプリキュア題名のない音楽会関ジャニ∞MAPの流れで番組を見ていました。関ジャニ∞が何者かすら知らなかったのですが、関西弁で話すお兄ちゃんたちという感じで親近感を抱き、面白くてすごく印象に残っています。終わっちゃうのが残念だったな~。

 

ただ、それきっかけで関ジャニ∞に沼落ちはしなかったです。まあ親もジャニヲタじゃないし小学生やったしね、そのときは番組のいち視聴者でしたね。

 

 

関ジャニ∞の存知2

次に関ジャニ∞関ジャニ∞と理解して見たのは関ジャニの仕分け∞

大倉くんを太鼓の達人のお兄さんだと思っていた時代です。

なんでここで沼落ちできなかったんだ!?私はいったい何をみていたのか??って感じなんですが後に自担となる安田さんをこの時点ではまだ認識できずにいます。

 

その後様々な歌番組にてだんだんとメンバーの皆さんのお顔とお名前がわかっていったという感じです。いまでも覚えてるのは関ジャニ∞クロニクルのお正月SP。たしか2016年の回だったかな、面白かったな。

こう書き出すと沼落ち前から関ジャニ∞に触れてたんですね、ちょっと意外。

 

 

村上信五との出会いと沼落ち

2016年のある日の月曜日、0時。月曜から夜ふかし

夜ふかしに出てる村上くん、めっちゃカワイくな~~~~~~~い!!!?!?

ということに気づいてしまった私は、「村上信五 かわいい」「村上信五 かっこいい」から「関ジャニ∞」「関ジャニ∞ エピソード」まで、とにかくたくさん彼らのことが知りたくて検索しまくりました。中三で高校受験があったのにも関わらずです。ヲタクは止めらんねぇんだ!!

今まで録画をしたこともなかった長時間の歌番組を録画したものだから、家族はさぞ驚いた事と思います。そのときの最新シングルは罪と夏。

罪と夏初披露の少クラプレミアムもリアタイしましたが、関ジャニ∞クロニクル バッキバキにバズれ!!SPで完全に関ジャニ∞に沼落ちを確信しました。

 

そうして関ジャニ∞を深く知ろうとしながらも声優さんとかアニメとかそういったものが好きでこれまでジャニーズというものを嫌煙していたためか、レギュラーのジャニ勉や関ジャムを録画する勇気が持てなかった私は、深夜まで起きてひとりこっそりと番組を楽しんだこともあります。今考えたら何してんだって感じですがそのときは必死だったな。家族にばれたくなかったのかもしれないけど、その前にCDレンタルしてるんだからもうとっくにばれてただろうに…

 

 

ついに安田章大沼へ

紆余曲折ありましたが、2016年夏に関ジャニ∞クロニクルで沼落ちを確信してからしばらくは村上さんを特に推していました。

 

しかしここで転機が訪れます。

 

忘れもしない、ベストアーティスト2016でのNOROSHI

 

衣装のポイントを聞かれた安田さんは、

「和装で肌見せですねぇ!!!!」

と、言っていました。

 

あのときの安田さんめっちゃかっこよかったんですよ、ほんと。あれで世に安田担が19840911億人増えたのは間違いないです。

それからまもなくしてNOROSHIが披露されたわけですが、もう自分でもわけわからんくらい安田さんばっっかみてました。安田さんしか目に入らなかったあのベスア。

 

これが、今もずっと担当でいる安田章大さんがいわゆる”自担”となった日です。

 

そして私は漠然と、彼以外に沼落ちするなんてありえない。きっと一生安田さんのことだけを好きでいるもんだと思ってました。

 

…と言いながら、京セラでなにわ見たとき*1はまじで大西流星くんがやばかったですが………………そこでの担増しはなかったです。どうしても関西の対抗意識が勝ってしまって…(???)

 

それから関ジャニ∞にもいろいろ起き、私は援軍のひとりとしてよりいっそうの関ジャニ∞愛・安田章大愛を育てています。

 

そこから始まるジャニヲタ人生二度目の転機は、後編でお話ししたいと思います。

 

ここまでお付き合いありがとうございました!

近日中に後編も公開しますのでここまで読んでくださった方はよければ次も読んでくださると光栄です!

 

*1:2018年11月17日 関ジャニ's エイターテインメントGR8TEST 振替公演にてなにわ男子がオリジナル曲 なにわLucky Boy!!を披露